だらけきったメンズのぶろぐ

〜だらけた男の成長の軌跡〜

痩せ型から筋肉質になった話

痩せ型の人の切実な悩み

ゴツくなりたい。

大きくなりたい。

たくましくなりたい。

けど、筋肉がつかない。

こんなことを思ってる男って結構いるんじゃないでしょうか?

私もそうでした。私はもともと陸上部で長距離をしていたこともあり、筋肉はなくガリガリでした。周りからは細くて頼りない印象だったと思います。筋トレはしていたのですが本当に筋肉がつかない体質だと思っており半分諦めていました。しかし、最近になって本格的に考えながら筋トレを続けた結果急激にガタイがよくなったのです。今痩せ型の人も筋肉がつかない体質ということはありません。本気で考えて努力をしていけば必ず理想の体に近づいていきます。継続は力です。

私が筋トレを始めたきっかけ

なぜ私が筋トレを始めたのか。

それは単純に男としてたくましい体になりたいと思ったからです。本格的に鍛えようと思い取り組みだしたのは高校3年生のとき、そのときの私のスペックは以下のような感じでした。

身長、175センチ

体重、57キロ

はい。かなり痩せていました。男らしさのかけらもない体でしたので自分に自信もなくオーラがなかったと思います。この頃から理想の体型になるために試行錯誤することになりました。

筋肉がつかなかった日々

 筋トレを始めてから本当に様々なトレーニング方法を試しました。普通の腹筋や腕立て伏せから始まり、懸垂、ウエイトトレーニングと少しずつ知識が増えていき、筋肉を大きくするためのトレーニングをやっていたと思いますしできているつもりでした。しかし、私の体はなかなかおおきくなりませんでした。

筋トレについてちゃんと勉強をした

 

私はもう一度筋トレについて勉強する事にしました。筋トレのことを勉強するうえで誰を参考にしたらいいのか、答えはすぐに見つかりました。そうです。ボディビルダーの方たちです。私はいろんなボディビルダーの方たちトレーニング法、食事などの考え方を詳しく勉強しました。

重量よりもまずフォーム

 これは結構大事だと感じました。勉強する前はなんとかして重い重量を上げるようにトレーニングをしていました。もちろんそれも正しい事ではあるのですが、まずは比較的楽に持ち上げられる重量で鍛えたい筋肉を意識しながら、正しいフォームで効かせるようにトレーニングすることが結果的に近道になります。効かせるフォームで持ち上げられる重量を増やしていく、これがポイントになります。

低負荷高回数でも筋肉はつく

 低負荷高回数とは楽な重量などを使って弱い負荷で回数を増やしてトレーニングする事です。この低負荷高回数のトレーニングですが、理想は限界までやることです。弱い負荷でも回数をこなせば上がらなくなります、ここまでの状態をつくることで筋肉をつけることができます。低負荷だから楽というわけではないのでしっかり追い込むことが大事ですね。

下半身の重要性

 筋トレをしている人の半分以上は下半身のトレーニングをしていないのではないでしょうか。上半身だけを鍛えて大きくなろうと考えている人は大きな間違いです。人間の体というのは一部だけが極端に肥大するのは難しいです。それは上半身だけを大きくするのも同じことで、下半身も鍛えることでそれに比例して上半身も大きくなってきます。また、太ももの筋肉は人体でもっとも大きい筋肉で、トレーニングをすることで筋肉をつけるためのホルモンが溢れ出ます。なので上半身と同じぐらい、いや、それ以上に重要視して下半身のトレーニングをするべきなのです。

自重トレーニングのススメ

 これは完全に個人的な意見ですが、ウエイトトレーニングと併用して自重トレーニングも行うべきだと思います。自重トレーニングは筋肉こそつきづらいかもしれませんが身体能力が向上します。また、高負荷の自重トレーニングも数多く存在します。もし興味がある方は調べてみてください。

食事とプロテイン

 

基本はとにかく食べること 

食事はトレーニングよりも重要かもしれません。筋トレのプロであるボディビルダーは栄養面も考えて食事をしています。しかし我々一般人はそこまで考える必要はないかと思います。栄養面はなんとなくでいいのでとにかくたくさんの食事で筋肉に必要な材料を体に取り入れましょう。私が急激に大きくなったときは一回の食事で米を3合食べていました。

空腹時間を極力減らす

 理由は簡単です。空腹時は消費するエネルギーがないため筋肉を溶かしてエネルギーにしてしまいます。これは大変な事態ですね。これを防ぐ方法としては一回の食事量を減らしてでも1日の食事回数を増やすことです。私の場合は1日3食をきちんと食べ、食事と食事の間にプロテインを飲むことでエネルギー不足の状態をつくらないようにしていました。

痩せ型の人にプロテインは必須

 プロテインについてです。結論から言うと飲むべきです。消化できず下痢になってしまうという方もいると思いますが絶対に飲んだ方がいいです。下痢になる人は牛乳ではなく水で飲むと下痢になりにくくなります。私の飲み方は食事の間と筋トレ後、寝る直前に飲んでいましたが少し飲みすぎと思われるので多くても1日3回にとどめておくことをおススメします。

 

まとめ

最終的に何が言いたいかといいますと、痩せ型の人でも必ず筋肉をつけて体を大きくすることができるということです。ポイントを簡潔にまとめると、、、

・正しいフォームでできる重量を増やしていく

・下半身のトレーニングをおろそかにせず、全身まんべんなく鍛える。

・食事量を増やす

・空腹時間をつくらない

・プロテインを飲む

こんな感じですね。これらを徹底して継続することで必ず効果は表れると思います。この考え方に批判もあるかとは思いますが私自身の経験談ですので効果はあります。ぜひ参考にしつつも自分なりの考えを取り入れながら試行錯誤を繰り返して、オリジナルの考えをもってトレーニングに励んでほしいと思います。

 

以上です。全国の痩せ型男子!がんばろう!