だらけきったメンズのぶろぐ

〜だらけた男の成長の軌跡〜

最近一人暮らしを始めて感じたこと

特に理由もなく思いつきで一人暮らしを始めた

その日は唐突に訪れました。

春の終わり、桜が散って緑の葉が茂るころ、涼しい部屋の畳の上で私はパンツ一枚で寝ていました。ふと目が覚めボーッとしているとき、ひらめいたのです。

一人暮らししよ。

ノリと勢いで不動産屋へ

初めての一人暮らしということでとりあえずなにもわかりませんでした。わからないときは行ってみる、やってみるが私のモットーなのでとにかく不動産屋へ行ってみました。

不動産屋では部屋の広さ、間取り、家賃などの希望を聞かれたあとその希望に合った物件をいくつか紹介してくれました。私は1LDKで家賃は5万円、特徴としては駐車場が2台分あるアパートを選びました。

物件決定!一人暮らし開始!

いよいよ入居日です。

鍵を貰って中に入ります。何もありません。あたりまえですね。まずは必須な家具、家電を揃えます。用意はできていたので家族に手伝ってもらい家具、家電を中に入れます。必須アイテムは以下のとおりです。

・冷蔵庫

・洗濯機

・エアコン(元からある)

・布団、ベッド

・食器類

これだけあればなんとか過ごせます。(1週間ぐらいなら笑)この後も少しずつ必要な物を揃えていき、大体1ヶ月ほどでまともに生活できる環境を整えていきました。本来なら事前にすべて準備しておくとスムーズに一人暮らしをスタートできます。

これが男の一人暮らしの現実だ!

いよいよ一人暮らしがスタートしました。今までと変わったこと、料理、洗濯、掃除、片づけ、早起きなど親に頼っていだ部分がすべて自分にのしかかってきました。

中でも大変だったのは料理です。男の一人暮らしで1番の難関ですね。どうしてもインスタントや市販の冷凍食品に頼ってしまいます。私自身、最初の頃は自炊しようと意気込んでいましたが数ヶ月経った今でもごく稀に料理をする程度で自炊できているとは言えません。

その次に苦労しているのが掃除・片づけです。

これは個人の性格にもよると思いますが私は部屋が散らかるタイプだったので気を抜くとすぐに汚くなってしまいました。幸い定期的に友人が遊びにきていたので、その都度片づけることでそこそこの状態を保つことができています。

これから初めての冬を迎えることになりますが夏とはまた違った苦労がありそうです。暖房設備などの火気の使用も増えるので外出のときは今以上に確認してから出かけることが大事になりそうですね。

これから一人暮らしをしようと思っている人へ

はい。これから一人暮らししようと思ってるそこのあなた!一人暮らしをする前の大事なことをおしえます。

まず最初に、金銭管理。家賃、水道光熱費、食費、携帯代、生命保険、車など全部含めて計算して、自分の今の給料でやっていけるのか、ろくに遊ぶこともできなくなるのではないか、など現実的なことをしっかり考えた上で大丈夫かどうかを確認してください。

次に自己管理。一人暮らしはすべてのことを自分でしなければなりません。料理、洗濯などはできなくてもまだなんとかなりますが、1番こわいのは朝起きれないことです。今まで起こしてもらっていた人は特に気をつけて、最初は目覚ましを2つセットするなどして念入りに対策しましょう。

そして3つ目。確認するクセをつけることです。上のほうでも書きましたが火を使ったあとは完全に消えているかを確認する、電気を消す、戸締まり、エアコン、水道、玄関の施錠など外出前に徹底して確認することが大事です。特に今はこういう時代ですから何が起きても不思議ではありません。泥棒に入られることもめずらしいことではありませんし火を消し忘れると火事になります。うっかりミスで大変なことになります。なので一人暮らしをしたいと思うならば、日頃から細かいことも確認するクセをつけましょう。

 

さいごに

いかがだったでしょうか。

一人暮らしをしたいと考えている人、やっていけそうでしょうか。私のように何も考えずに一人暮らしをスタートしてしまうと最初に、結構苦労することになります。もし急ぎでないのであれば準備を徹底的にした上で行動することをおすすめします。

 

まあ一人暮らし、楽しいですけどね笑