だらけきったメンズのぶろぐ

〜だらけた男の成長の軌跡〜

寝不足のキツさが半端じゃないので睡眠の大切さを語る

眠い。だるい。ぼーっとする。

徹夜した日の朝ってヤバくないですか?体のキツさはもちろんですが、脳も働いてなくて思考能力が完全に落ちてますよね。そんな寝不足の症状ですが一体なぜこのような症状がでるのでしょうか?人間にとっての睡眠の重要性を勉強したいと思います。

私が感じた睡眠の効果一覧

良質な睡眠には様々な効果があります。私自身が質の高い睡眠ができていた時期に感じた効果を挙げていきたいと思います。

〜良質な睡眠による効果一覧〜

  1. とにかく翌日眠くない
  2. 脳がしっかり働いている気がする
  3. 筋肉がつきやすくなる
  4. 身体能力が向上する
  5. 疲れにくくなる
  6. 顔がシャキッとする
  7. 活発になる
  8. ストレスがなくなる
  9. 行動力が増す
  10. コミュ力があがる

など、他にも表現できない良い影響がありました。ここに書いたことだけでも充分試す価値はあると思います。

寝不足による弊害

誰しも経験したことがある寝不足の状態。そんな寝不足を私が体験したときの症状についてまとめてみます。

  1. 当たり前だけど常に眠い
  2. やる気がでない
  3. 後悔する
  4. 疲れがとれない
  5. 運動能力の低下
  6. 思考能力の低下
  7. 食欲不振
  8. ボーッとしている
  9. 力が入らない
  10. 筋肉が落ちる

など、デメリットのオンパレードです。

これらの弊害は結果として仕事や人間関係にも影響を与える可能性があります。たまにはいいかもしれませんが、仕事の前日や、大事な時期は極力夜更かしを控えて寝不足の状態に陥らないようにしたいところです。

睡眠を極めよう

では、睡眠の質を高めるにはどうしたらよいのでしょうか?

朝の太陽の光を浴びる

これが多分1番大事です。日光には体内時計をリセットする効果があります。朝起きて太陽の光を浴びることで体内時計が整えられ夜の睡眠時にしっかり熟睡することができます。

寝床を整える

寝床の快適さは睡眠に直接影響してきます。ソファーや車などで寝たことがあればわかると思いますが、体中バキバキに凝り固まってしまいますよね。あの症状は寝返りがきちんとうてないのが原因です。ですので、ベッドは寝返りが十分に可能な広さで固すぎず柔らかすぎないマットレスが良いです。枕の高さなども適正な高さがありますので自分に合う枕を見つけてみてください。寝床は大事です。

寝る前のパソコン、スマホを控える

現代社会において難しいことかもしれません。

パソコンやスマホの画面はブルーライトと呼ばれる光が発生していて、この光によって寝付きが悪くなったり、体内時計が狂ったりしてしまい結果として寝不足になってしまいます。現代人に寝不足が多いのもこのブルーライトが原因の1つと言われています。誰しも気づいたら触ってしまっているパソコンやスマホ。寝る前の1時間だけでも我慢するようにしましょう。

日中に適度な運動をする

これはなんとなくわかると思います。日中に太陽の光の下で軽い運動をすることで夜の睡眠な深くなり、体の疲れが取れます。ウォーキングやジョギングなどの軽い運動をしましょう。

 

私が実践したことは以上です。

上に挙げたものの他にも睡眠の質を高める習慣はたくさんあります。上記は一例ですのでぜひ他にも自分で調べて実践してみて下さい。必ず良い影響をあたえます。

睡眠で人生が変わる

睡眠は大げさでもなんでもなく人生を大きく変える力があると私は思います。上にも書いたとおり睡眠には様々なメリットがあります。その様々なメリットを一言で言えば睡眠は人格そのものを変えるとも言えます。人格が変わればその人の人生は大きく変わります。また、適切な時間に睡眠をとることで早朝から活動することができます。早起きは三文の徳とも言うように朝から活動ができれば人生の糧となり得ます。睡眠は最強です。何かを成し遂げたいと思っている人は生活習慣、特に睡眠の習慣を変えて良いものにしてみてください。きっと人生がうまく回り出すことでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、最近寝不足気味で私自身うまくいかないことが多かったので睡眠の重要性について書いてみました。睡眠の重要性についてはわかっていてもなかなか実践できないことがあるかもしれません。最初はそれでいいと思います。習慣は1日では変わりません。少しずつ、簡単にできそうなことから始めてみてください。必ずうまくいきますよ。

 

では、よりよい睡眠ライフを。