だらけきったメンズのぶろぐ

〜だらけた男の成長の軌跡〜

これってパワハラ?それとも当たり前のこと?パワハラ対策!!

パワハラ問題。

 最近ニュースなどで見ることがとても多くなりました。

そんなパワハラですが、定義が曖昧でイマイチわかりませんよね。

どんなことがパワハラになってしまうのか。

これはパワハラなのかそうでないのか。

悩んでいる人たちの参考になればと思い書くことにしました。

あまり深く考えず、気楽に読んでくださいね。

 

 

そもそもパワハラって何?

 まずはパワハラとは何なのかということで調べた事を書きます。

パワハラ=パワーハラスメントとは・・・同じ職場の者に対して、職務上の地位などの優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的、身体的苦痛を与えること。

とされています。

簡単にまとめると、、、

  • 職場内での優位性を利用しての行為
  • 業務の適正な範囲を超える行為

ということになります。

一言でいえば嫌がらせですね。

パワハラ、パワハラと当たり前のように言われていますが、一般的にはこのように定義されているようです。

パワハラか?当たり前か?

 では具体的にはどういったことがパワハラに当たるのでしょうか。

パワハラにも種類があります。

  • 身体的攻撃(暴力、体力的に無謀な要求など)
  • 精神的攻撃(暴言、嫌みな言動、侮辱、脅迫など)
  • 人間関係からの切り離し(集団での無視、仲間はずし)
  • 過大な要求(無茶な仕事、不可能な仕事を指示する)
  • 過小な要求(能力に見合わない程度の低い仕事ばかりを指示する)
  • 個の侵害(私的な事に過度に立ち入ること)

などがあります。

これらに該当するようであればパワハラと言えると思います。

パワハラというのは受けている側が認識していても、パワハラをしている側は無意識でやっていることがほとんどです。あからさまな暴力や暴言などはわかりやすいですが、少し嫌みな言動や仕事の要求、個の侵害などはパワハラとの線引きが難しいところです。

基本的には自分が嫌だと感じたらパワハラという認識でいいと思います。

 

ある程度歳をとっている上司は、昔の感覚で指導、教育などをしてしまい、それが現代社会ではパワハラになっているということがあります。

本人は当たり前のことだと思ってやっていることなので非常に厄介です。

ですが現代に生きる以上、昔は関係ありませんのでパワハラだと感じたらパワハラです。迷うことなく何らかの対処をしましょう。

 

新卒で入社した会社や組織では、何が普通なのかがわからないままパワハラを受けている可能性があります。自分が今いる環境が当たり前だと思わずにおかしいと思ったら調べるなり相談するなりしたほうがいいでしょう。

パワハラを受けたらどうするべきか

 パワハラを受けたらどうしたらいいのでしょうか。

対処法はなかなか難しいものがあります。

パワハラをしてくる相手側を変えることはまずできません。

なのでこちらが変わるしかありません。

 

 

単純な対処法としては3つあります。

 

1つ目は耐えることです。

正直これはおすすめできません。耐えることができるほどの強靭なメンタルがあればそれでもいいかもしれませんが人間はそこまで強くありません。時間が解決する問題でもなければ耐えるという選択は現実的ではないでしょう。

 

2つ目は見返すことです。

パワハラをする人は常に標的のミスや欠点を探して、そこをつっこんできます。なのでつっこみどころがないぐらい仕事ができるようになればいいと思います。可能であればその上司を超えましょう。職務上の地位で上回ってしまえばパワハラも難しくなるでしょう。

 

3つ目は退職することです。

どうしても嫌ならやめてしまえばいいだけです。

仕事を辞めることは逃げでもなんでもありません。

日本では同じ仕事を長年続けることが美学とされていますが全く関係ありません。やめたくなったらやめる。我慢して続けて身も心も壊してしまっては手遅れになります。周りの目を気にして我慢してします人もいると思いますが結局は自分の人生です。自分が嫌ならやめる。自分で決めましょう。

退職して新しい仕事を探して努力するのもワクワクして楽しいですよ。

パワハラをなくすには

 パワハラをなくす方法はないのでしょうか。

パワハラがある職場の特徴として、昔ながらの縦社会だと思います。

縦社会はメリットもあるとは思いますが一般的な会社などではデメリットばかりです。パワハラをなくすにはまず、この縦社会をなくす必要がありそうです。上下の関係ではなく横の関係をつくることでパワハラのない職場環境ができあがるのではないかと考えます。

まずは個人を変えるのではなく社会全体の制度を変えなければなくならないのかもしれませんね。

まとめ

ここ最近は定期的にパワハラの問題がニュースなどに取り上げられています。非常に重い問題ではないでしょうか。

長時間の残業や行き過ぎた指導、モラルに欠けた言葉づかいなど、少しでも普通じゃないと感じたら当たり前だと思わずに疑問を抱くようにしましょう。そして、自分で調べるなり誰かに相談するなりして1人で抱え込まないようにしましょう。

 

最後にひとつだけ。

逃げてもいいということだけ覚えておいてください。

間違っているところから逃げるのは本当の意味での逃げでありません。

勇気を出して一歩踏み出しましょう。

 

以上です!