だらけきったメンズのぶろぐ

〜だらけた男の成長の軌跡〜

心の中でめっちゃ喋るタイプ

あ、私のことだ。

もしそう思った人がいたなら嬉しいです。

 

心の中で常に喋っている人。

 

はい。私です。

 

ただ歩いてるだけでも何か喋っていることが多いです。ですが何を喋っていたのかはあまり覚えていません。

 

ということで、『心の中で喋ること』について考えて行こうと思います。

 

その①愚痴

たぶん心の中で喋ることNo. 1ワードです。

嫌なことがあったとき、上手くいかなかったとき、きっと心の中で愚痴ってます。思い返すとよくありますよね。

私が一番記憶に残っているのは、小学生の頃です。小学生の頃、先生に怒られているときによく心の中で喋っていました。まあ先生に対する愚痴だったんですけど今思うとろくなやつじゃなかったですね。

 

心の中で愚痴を言う人はたくさんいると思いますが、あんまりいいことではなさそうなのでやめとくことをおすすめします。

その②将来のこと

ぼーっとしてるときなんかによく喋ってます。

これからどうすっかなー、みたいな。

特に将来への不安があるわけではないのですが漠然としているというかなんというか、そんな将来のことを考え出すと心の中の喋りが止まりませんね。

でもそんなに悪いことでもないのかなと思います。

その③妄想

はい。ちょっと危ないやつです。

どういう妄想かというと、、、

お金があったら何をするか、とか

海外行くならどこに行くか、とか

成功した自分の姿を妄想したり、とか

 

すいません。やっぱり危ないやつですね。笑

ですがこの妄想は結構ポジティブなことが多いです。心の中で喋ることってほとんどの場合ネガティブなことが多いのですが、妄想に関しては自分の理想を思い描くことなのでポジティブなことになります。

あんまり妄想しすぎてもよくないと思いますが、たまにはいいと思います。

理想の自分を思い描いて、それに向けて努力する。そのためのモチベーションになります。

 

妄想サイコー!

まとめ

調べてみたのですが心の中で喋ると疲れるらしいです。私の場合、常に心の中で喋っているような状態なのでたぶん一種の病気的なやつかもしれません。

まあ心の中で喋るより、人と話すのが一番いいというのが結論です。

 

声に出さないと伝えることはできませんので。

 

 

 

私は喋りますけどね、心の中で。 みつを