だらけきったメンズのぶろぐ

〜だらけた男の成長の軌跡〜

【克服】人前で話すのが得意になる方法

社会人になってから人前で話す機会が増えたという人がたくさんいると思います。

 

私は学生時代、人前で話すことを避け続けて、なんとか逃げてきました。

今では逃げるという選択肢はなくなってしまったのでなんとかやっていますがなかなか克服するのは大変です。

 

この記事では、人前で話すことが苦手な人がどうしたら克服できるのかを書いています。

 

〜記事の内容〜

  • なぜ人前で話すのが苦手なのか
  • 克服する方法
  • まとめ

 

この流れで書いてます。 

ではさっそく。

なぜ人前で話すのが苦手なのか

人前で話すのが苦手という人は多いです。

逆に得意という人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

人前で上手く話せない理由としてはほぼ共通しています。

  • 失敗を怖れて緊張する
  • 見られている意識
  • 恥ずかしい
  • 上手く話そうとしすぎる
  • 自信がもてていない

大体こういった理由です。

人前に立つと見られているという意識から声が震えたりドキドキしたり、変に汗をかいたりします。なおかつ失敗したくない、上手く話そうとすることで余計に空回りしてしまい頭の中が真っ白になります。

 

これらは経験や訓練を重ねることである程度克服することができます。最終的には考え方の部分を変えることができればもう大丈夫です。

具体的な方法を次に書きます。

克服する方法

人前で上手く話せない理由については上に書いたとおりです。ここからはそれを克服するための手段を書いていきます。

その①とにかく経験する

それができれば苦労はしない。

そう言われると思いますが、やはり1番の近道は経験による慣れです。

人間には環境に適応していく能力が産まれながらに備わっています。なのでとにかく経験することで勝手に慣れていき、どうってことなくなります。

最初は少人数から始めるといいと思います。

人前で話す機会を増やして『話す』ということに慣れましょう。

その②緊張するのは当たり前

緊張しない人はいません。

あなたが緊張するように誰でも多少は緊張するものです。ベストパフォーマンスには緊張は必要です。緊張している自分を受け入れて、その場を楽しむメンタルを持ちましょう。

「あ、緊張してるな。やってやるぞ!」という気持ちを持つことができればきっとうまく話せます。

緊張は当たり前のことだと認識しておきましょう。

その③自信を持って話す

自信がないと余計に緊張してうまく話せなくなります。自分が話す内容や話し方は間違っていない。ちゃんとできている。と思いながら堂々と話すように意識してください。意識するだけでも効果はあります。

話すときの姿勢にも気をつけてください。

自信なさげに話すのではなく、胸を張って背筋を伸ばし、まっすぐ顔をあげて話しましょう。目線は遠くを見るようにするといいですよ。

その④鏡の前で練習する

意外と効果がある訓練方法です。

なんでもいいので鏡に写った自分の顔を見ながら話す練習をしましょう。声に出して話すということに慣れるので、スムーズに話すことができるようになります。この訓練のポイントとしては、ゆっくりはっきり話すことを意識してください。実際に人前で話すときも同じです。訓練のときから意識して取り組んでください。

その⑤ゆっくり呼吸する

呼吸と緊張は密接な関係があります。

緊張しているときは浅く速い呼吸になりがちです。それを鎮めるために、意識して深くゆっくりとした呼吸をします。すると自然に心が落ち着きます。即効性のある方法なのですぐにでも緊張をどうにかしたいという人はぜひ試してみてください。

深くゆっくりとした呼吸です!

まとめ

人前で話すというのは緊張するものです。

上にも書きましたがそれはあたりまえです。

慣れないことをするというのは誰でも不安があります。それを克服するには繰り返すしかありません。

地道に訓練していき、人前でうまく話せるようになりましょう。

 

こっちも読んでみるといいですよー!

会話のコツを掴んで話し上手になろう! - だらけきったメンズのぶろぐ