ろろBlog

フリーランスになるための過程を記録していきます

【徹底解説】なぜあなたは筋肉がつかないのか

はいどうも!

筋肉がつかないと悩んでいるそこのあなた!

今回はそんなあなたのための記事になります。

しっかり読み込んで頭に叩き込んでください。

 

まずは簡単に私の話からします。

私はガリガリでした。

筋トレしてたのにガリガリでした。

なかなか筋肉がつきませんでした。

試行錯誤しました。

筋肉がつきました。

 

そして今に至ります。

 

筋肉がつかないという人はトレーニングの方法はもちろんですがそれ以外の部分にも原因があります。体質から変えていく必要があるのでそのための方法を書いていきます。

 

記事の内容は以下の通りです。

  • なぜ筋肉がつかないのか
  • まずはジムに行きましょう
  • 食事を見直し空腹時間をなくしましょう
  • トレーニングよりも休息が大事

 

という風な内容です。

さっそくいきます!

なぜ筋肉がつかないのか

こんなにトレーニングしてるのに。

毎日頑張ってるのに。

筋肉がつかない原因は何なのでしょうか。

原因と考えられることを一通り挙げます。

  • 高重量を扱っていない
  • 軽めの自重トレーニングしかしてない
  • フォームが悪い
  • 効かせることができてない
  • 筋トレの頻度が多いor少ない
  • プロテインを飲んでいない
  • 食事量が少ない
  • 食事回数が少ない
  • 睡眠をしっかりとってない
  • 有酸素運動をしている
  • 下半身トレーニングをしていない

などといったことが考えられます。

これらのうち1つでも当てはまるものがあればなかなか筋肉をつけることはできません。

そんなことはない、という人もいるかもしれませんが本当にガリガリの人というのはこれぐらい徹底してやらなければ筋肉をつけることはできません。

 

次からはこれらの原因に対しての対策としてやるべきことを書いていきますのでぜひ実践してみてください。

 

筋肉つけたければジムにいくべき

 まずはトレーニングの方法から見直す必要があります。

 

あなたは今どのようなトレーニングをしていますか?

筋肉をつけたいと考えているならば、基本的にはジムに通いウエイトトレーニングをするべきです。自重トレーニングでも筋肉をつけることは可能ではあるのですが、やはり効率の面でウエイトトレーニングには劣ります。ジムに通う余裕があるのであれば迷わず通いましょう。

 

残念ながらどうしてもジムに通うことができない、という人は自重トレーニングで筋肉をつける方法をどうぞ!

自重トレーニングは毎日やっても効果はあるのか?【疑問】 - だらけきったメンズのぶろぐ

 

ジムでのトレーニングでは器具を最大限に利用したトレーニングを行います。やるべきトレーニングはBIG3と呼ばれるウエイトトレーニングの三大トレーニングです。BIG3についてはこちらの記事に書いてあるのでここでは省略します。

【筋トレ初心者】BIG3だけで筋肉は大きくなる!? - だらけきったメンズのぶろぐ

BIG3だけである程度まで筋肉をつけることは可能なので3ヶ月はBIG3のみを集中して取り組んでみてください。

空腹は最大の敵、食事を見直そう

 次に食事について解説します。

ガリガリで筋肉がつかない人にとってはトレーニングよりも大事なことが食事です。筋肉がつきやすい人と筋肉がつきにくい人の決定的な違いは食事で摂取した栄養の吸収率の差です。

痩せ型で筋肉がつきにくい人というのは消化器官があまり強くないことが多く、たくさん食べても消化吸収されずに排出されています。そのため食事に関してはより一層考える必要があるということです。

具体的な食事のポイントを書いていきましょう。

 

食事の基本は1日3食、ある程度まともな食事であれば特に変える必要はありません。基本の3食は今までどおり食べるようにしてください。

それ以外に3食、間食として摂取することを勧めます。

摂取のタイミングの例として、、、

7時 朝食

10時 間食

12時 昼食

15時 間食

18時 夕食

21時 間食

といった感じでできるだけ空腹を作らないように摂取します。

就寝の時間は0時以降になる場合などはもう一食摂取してもいいと思います。

間食として摂取するものは、おにぎりなどの炭水化物でいいのですが仕事などをしているとなかなか摂取するタイミングがないかと思います。そういう場合にはプロテインを間食として摂取すれば大丈夫です。プロテインであれば20秒ほどあれば摂取できるのでスキマ時間に摂りましょう。

 

1回の食事は増やす必要はありません。

1回の食事を増やしても、どのみち消化しきれず吸収できないので量よりも回数を増やすことを意識しましょう。

キーワードは『空腹時間を作らない』です。

心がけましょう!

 

休息が筋肉を成長させる

 最後は休息についてです。

筋肉をつけたい人にとって最も有害なことは睡眠不足です。

睡眠不足はトレーニングの質を低下させるのはもちろんのこと、せっかくのトレーニングの効果も無駄にしてしまいます。トレーニングの効果を十分に得たいのであれば可能な限り早めに就寝し、質の良い睡眠を摂るように心がけましょう。

また、トレーニングの頻度についても注意が必要です。

筋トレにハマってくると毎日しないとうずうずして落ち着かなくなってきます。気持ちはわかりますがそこはぐっと我慢してください。毎日毎日トレーニングをすると、自分でも気付かないうちに疲労が溜まっていきます。そうなってしまうとトレーニング効果も半減なので、最低でも1週間のうち1日は完全休息日を設けてください。これは大事なことになります。

 

毎日やりたくなる気持ちは本当によくわかります。

ですが、筋肉というのは休息日に成長するものです。

「よし、今日は筋肉が成長する日だ」と思うようにしてトレーニング欲をぐっとこらえましょう。

 

休息もトレーニングと同じぐらい大事です!

まとめ

 筋肉がつきにくい人のための原因と対策を書きました。

上には書けませんでしたがもうひとつだけ大事なことがあります。

有酸素運動は筋肉が減ります。

もし本気で筋肉をつけたいだけであればジョギングなどの有酸素運動は控えましょう。

大きな筋肉をつけるということに関してはデメリットしかありませんので。

 

以上が筋肉がつきにくい人が行うべきことです。

私自身がここに書いたとおりのことをやって、徐々にではありましたが筋肉がつきはじめました。

自分は筋肉がつかない体質なんだと諦めないでください。やるべきことをやれば筋肉はつきます。

 

最後に一言。

徹底してやりましょう!!

 

以上です。