ろろBlog

フリーランスになるための過程を記録していきます

わりと頻繁に上司に怒られる。

12月に入り、上司に怒られる回数が急激に増えた。理由は様々だがほとんどの場合、悪いのは私であり改善する必要があることだ。どのようなことで怒られるのか。

例えば、普段の生活のことである。私は普段、職場では仕事の話以外ほとんどしない。というより上司のプライベートなど興味はないし深掘りする気にもならないため、相づち打って終わってしまう。それに対して上司を小言を言ってきた。もっと積極的に自分から話をしろと、お前が何を考えているのかわからないと。ごもっともである。だが逆に、私はその上司から話しかけられることはほとんどない。そんな上司に対して用もないのに話しかけるなんてするわけがない。いやまじで、友達になりたいわけではないからな。

このほかにはすべての動作が遅いということを言われた。テキパキ動け、だらだらするなだと。んーまあ言いたいことはわかるが、ほんの数メートルをわざわざ小走りで行く必要がどこにあるのか。それをすることで時間短縮になるのか。いや、それ以前に改善すべきところがあるはずだ。単純に時間の短縮を考えるのであれべ、もっと他の部分で無駄を減らせるはず。私にそんな小言を言う前に業務における数多くの無駄を減らすことに力を注いでもらいたいところである。

もうひとつ、この前も書いたことだが気遣いについて小言を言われた。先輩がやっていたら代わってお前がやれ、というような内容だ。いやいやいやいや、誰がやっても同じことだ。気づいた人がやればいい。それをわざわざ代わりますの一言をかけて交代する必要がどこにある。私が歳をとればわかるのかもしれないが今のところはそんなことは全く理解できない。無駄以外の何者でもない。もう少し頭を使えジャパニーズ。

というわけで、最近怒られっぱなしの私であるがとっても仕事をやめてやりたい衝動に駆られている。だが私はやめない。まだ。せっかくの仕事だ、たっぷり利用させていただく。そして今勉強中であるパソコン関係がうまくいくと思えたときにやめてやろう。それまでの保険ってことで、今後もよろしく。

 

ぐっばい