ろろBlog

誰かの役に立つブログ

これからの小学生はプログラミングを習い事にする時代らしい

プログラミング関連のニュースを見ていると、そのほとんどが小学生向けのプログラミング教室や教材の話題です。

大人になってプログラミングを学んでいる私としては少し複雑な心境です。笑

 

 

 

理由はもちろんツイートとおり、『2020年 小学校でのプログラミング教育必修化』の影響です。

 

 

そんな中で小学生の習い事にも変化が出てきているようです。

ニュースで見ただけですが、先日こんなツイートもしました。

 

 

子どもにさせたい習い事ランキング、英語に並び1位だそうです!

 

 

すごい時代ですよね。

私が小学生のときに人気だった習い事といえば英語や習字、ピアノ、水泳、空手とかだったかなーと思いますが、時代は変わるということですね。

そしてプログラミングを習い事にするという選択肢はとても良い選択だと個人的には思います。

 

プログラミングで身につくことは、プログラミングの知識や技術だけではありません。

論理的思考能力や問題解決能力、創造力を身につけることができます。

簡単に言うなら、プログラミングの考え方を身につければ賢くなるということです。

 

 

 

私自身、プログラミング学習を始めてから、考えるということが非常に多くなりました。

幼少の頃からあまり論理的に考えるということをしなかったのですぐに疲れてしまいますし、いろんな場面で苦労しています。

 

小学生の段階からプログラミングに触れることで、自分の頭で考えるという習慣が身につきます。

それはどんな時代にも必要なスキルであり、財産となることでしょう。

 

 

今後日本、いや、世界はITの時代に突入します。(誰かが言ってました、、、笑)

そんな時代を生き抜くためには、自分で考える力が必須になってくると思います。

プログラミングそのものも間違いなく重要なスキルの1つになるはずです。

 

自分で考える力+プログラミング力

 

どちらもプログラミングを学ぶことで身につけることができる能力ですね。

 

今のうちに習い事として学ぶことができる現代の小学生が羨ましいです。

 

 

これからの時代は年齢なんて関係なくなってしまいかねないので、私たち大人も負けじと勉強を続ける必要がありそうです。