非日常ブログ

〜日常では味わえない体験を〜

【効果絶大】痩せ型の人がウエイトトレーニングをするべき理由

f:id:daraketa:20190227205822j:plain


痩せ型の皆さん、筋トレしてますか?

 

痩せ型を気にして日々筋トレに励んでいる人も多いかと思います。

 

しかし痩せ型の人はなかなか筋肉がつかないと悩んでいるのではないでしょうか?

 

 

本記事では痩せ型の人が筋肉をつけるためにはウエイトトレーニングをするべきだという理由を解説していきます。

 

 

結論から言うと以下ような理由です。

  • 痩せ型の人は高重量を扱う必要がある。
  • 効率よく大きな筋肉を鍛えることができる。
  • BIG3と呼ばれる3種目で全身を鍛えることができる。

 

上から順に詳しく解説していこうと思います。

 

痩せ型の人は高重量を扱う必要がある

f:id:daraketa:20190227210245j:plain

 見出しのとおりです。

 

痩せ型でなかなか筋肉がつかない人は、ほとんどが高負荷を与えることができていません。ただでさえ筋肉がつきにくいタイプなのに、低負荷でのトレーニングを継続したところで筋肉を大きくすることはできません。

 

ここで言う低負荷のトレーニングとは、例えば腕立て伏せなどの自重でのトレーニングのことです。(自重でもやり方によっては高負荷を与えることはできます)

 

高負荷のトレーニングをするためにはウエイトトレーニングで高重量を扱うしかありません。トレーニングを進めていく中で、少しずつ扱える重量を増やしていくことで筋肉は大きくなります。

 

痩せ型で筋肉がつきにくいタイプの人はジムでのウエイトトレーニングを取り入れてみましょう!

 

 

効率よく大きな筋肉を鍛えることができる

 

 ウエイトトレーニングは自重だけで鍛えるよりも効率よく鍛えることができます。

狙った筋肉にピンポイントで刺激を与えるようなトレーニングも可能ですし、同時に全身の筋肉を鍛えるようなトレーニングもできます。

 

特に、大きな筋肉(大胸筋、広背筋、大腿四頭筋など)を鍛えるにはウエイトトレーニングが手っ取り早いです。

 

中でも、次に紹介するBIG3と呼ばれるトレーニングをすることによって、体を大きくするために鍛えるべき筋肉のほぼ全てを鍛えることができます。

 

痩せ型の人が体を大きくするための近道は大きな筋肉を鍛えることです。

なのでウエイトトレーニングをするべきと言うことになります。

 

 

BIG3と呼ばれる3種目で全身を鍛えることができる

 ウエイトトレーニングにはBIG3と呼ばれる3つの代表的なトレーニングがあります。

ベンチプレス、デッドリフト、スクワットの3つのトレーニングのことです。

 

この3つの種目だけでも継続していき、扱える重量をあげていくことで体を大きくすることができます。

 

種目ごとに解説していきます。

 

ベンチプレス

ベンチプレスは主に大胸筋鍛えるトレーニングです。詳しいやり方についてはここでは書きませんが、なんとなくはわかるかと思います。

 

初めてベンチプレスをするときはバランスがとれなかったり、思ったより重く感じたりすることがあるので注意が必要です。

 

初心者の場合は重りをつけずにバーのみでフォームや感覚を確認してからトレーニングを開始しましょう。

 

まずは自分の体重と同じぐらいの重量を目標にトレーニングを進めていきましょう。

 

デッドリフト

デッドリフトは主に背中の筋肉を鍛えるトレーニングです。

細かく言えば脊柱起立筋という筋肉がメインになるのですが、背中全体が鍛えられます。

 

デッドリフトのやり方はわからないという人もいるかもしれませんが、調べればすぐに出てきます。

正しいフォームが難しいので、正しいフォームが身につくまでは高重量を扱わないようにしてください。腰を痛めやすい種目なので危険です。

 

デッドリフトは、フォームが難しかったり怪我しやすいというリスクもありますが、その効果は絶大です。

デッドリフトだけでもかなり体を大きくすることが可能なほどです。

 

まずはフォームを身につけてから、十分に休養を取りつつトレーニングを実施するようにしてください。

 

スクワット

スクワットはウエイトトレーニングの中でも最も重要な種目と言えます。

 

初心者にありがちな失敗として、下半身のトレーニングを怠るということがあります。

 

しかし、下半身の筋肉は全身の筋肉の約70パーセントを占めていると言われています。下半身の筋肉を鍛えなければ、全体的に大きくすることはできません。

筋肉は一部分だけを極端に大きくするということはできないので、下半身も鍛えつつ上半身をトレーニングすることで体全体を大きくすることができるのです。

 

下半身のトレーニングをメインにしても良いぐらい重要なので、絶対に疎かにしないようにしましょう!

 

スクワットは最強です!

 

 まとめ

日本では未だにウエイトトレーニングをよく思わない風潮があります。

 

最近になってだいぶ良いイメージがついてきましたが、やはりスポーツ界などでは敬遠されている印象です。

 

しかし、ウエイトトレーニングを適切に行うことができればその効果は絶大です。

 

敬遠することなく、器具を使ってガンガントレーニングしましょう。必ず望む結果が得られます。

 

 

ちなみに、、、

痩せ型の人は長年トレーニングをしているにもかかわらず筋肉がつかないと悩んでいる人がいるかもしれません。そして、そういった人は筋肉がつかない体質なんだと諦めているかもしれません。

 

しかし、それは違います!

 

筋肉は誰でも絶対につきます!

 

つきにくい体質というのはありますが、つかない体質というのは健常な人であればありません。

トレーニングの内容以外にも改善すべきところはたくさんあります。

今後そういったことも記事にしていく予定ですが、この場で一言伝えておきたいと思います。

 

 

痩せ型のみなさん!

絶対に諦めないでください!

 

 

以上です