非日常ブログ

〜日常では味わえない体験を〜

【筋トレ】身体をでかくしたいなら1日6食がおすすめの理由

f:id:daraketa:20190320181315j:plain

みなさんこんにちは!

今回は筋トレに関することについて書いていきたいと思います。

 

あなたはどういった目的でトレーニングをしていますか?

  • 「身体を引き締めたい」
  • 「痩せたい」
  • 「身体をでかくしたい」
  • 「バキバキの細マッチョになりたい」 

人それぞれの目的があるかと思います。

 

本記事では、「身体をでかくしたい」という目的で筋トレをしている人に向けた内容となっています。

また、トレーニングの方法ではなく食事、栄養摂取に関しての記事となっていますのであらかじめご了承ください。

トレーニングに関してはいくつか書いています。

 

www.daraketa.com

www.daraketa.com

 

どのようなトレーニングをするかということももちろん大事ですが、身体をでかくしたいという目的であれば食事や栄養摂取の部分が重要になってきます。

特に痩せ型で筋肉がつきにくい体質の人にとっては、トレーニング以上に重要になってくるのでしっかり知識を取り入れておきましょう。

 

目次です。

 筋肉と食事の関係性について

 まずはじめに、筋肉と食事がどれほど深い関係性にあるかを簡単に解説したいと思います。

面倒な説明は抜きにして単純に考えると、食事量と筋肉は比例すると言えます。

もちろん食事の内容や摂取の仕方にもよりますが、ほぼ比例すると言えます。

食事量が少ないとトレーニングをしても筋肉量は減っていきますし、食事量を増やしつつトレーニングをすることで筋肉量は増えていきます。

これが基本の考え方です。

 

もうひとつ知っておく必要がある知識があります。

それは空腹についてです。

筋肉をつける上で空腹は絶対に避ける必要があります。

なぜなら、空腹状態が続くと筋肉が分解されてしまうからです。

つまり、筋肉がなくなり痩せ細っていくということになりますので空腹は最大の敵だということを頭に入れておいてください。

身体をでかくしたいなら1日6食がおすすめの理由

 いよいよ本題です。

身体をでかくしたいなら1日6食をおすすめします。

その理由についてはいくつかあるので詳しく解説します。

理由①1日6食にすることで空腹時間をなくすことができる。

最初に解説したとおり、空腹は筋肉にとって最大の敵です。

しかし1日3食だとどうしても空腹の時間があると思います。

それらをなくすために1日6食にするのです。

実際にどうやるかというと、普段当たり前に食べている朝食、昼食、夕食の間に間食を入れます。間食は通常の食事のように食べる必要はありません。おにぎりやサラダチキン、プロテインなどで糖質とタンパク質を摂取するといいでしょう。

そうすることで空腹時に起こる筋肉の分解を防ぐことができるので6食必要になってくるということになります。

理由②1日の摂取カロリーが増える

 1日6食にすると単純に1日の摂取カロリーが増えます。

摂取カロリーというのは非常に重要で、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってないと身体はでかくなりません。普段から激しいトレーニングをしている人はカロリーの消費量が多いので、その分普通の人よりも多くカロリーを摂取する必要があります。

1日3食でも摂取カロリーを増やすことは可能ですが、1度にたくさん食べたところで吸収しきれない栄養素が必ずあるのであまり意味はありません。

1度の食事量を増やすのではなく、食事回数を増やすことを意識して1日を通しての摂取カロリーを増やしましょう。

理由③体重が増える

理由①、理由②と重複する部分もありますが、1日6食にすることで体重が増えます。

脂肪がついて体重が増えているだけじゃないの?と思われるかもしれませんがそれでもいいのです。

ウエイトトレーニングの種目は体重が増えれば増えるほど扱える重量は増えます。

体重を増やしつつトレーニングをすることで筋肉はどんどん大きくなります。ある程度まででかくなったと感じたら、脂肪を減らす努力をすることで理想の体になります。

 

ボディビルダーやフィジークの選手が減量期と増量期を設ける理由はこういった理由からです。増量期は体重を増やして高重量でトレーニングをすることで筋肉をでかくし、減量期は筋肉を残しつつ脂肪を減らしてコンテストに臨むという感じです。

この増量期の考え方を取り入れることで身体はでかくなるので、そのために1日6食で体重を増やすことは有効と言えます。

私の食事メニュー

 私が実際にやっていた1日6食の食事メニューを紹介します。

正しいかどうかは別にして、確実に体重が増え身体はでかくなっていきました。

求める効果は出たので参考程度に見てください。

 

〜起床してすぐ〜

グルタミン5g

〜朝食〜

パンケーキ3枚

プロテイン

〜間食〜

おにぎり1個

サラダチキン

〜昼食〜

唐揚げ弁当など

プロテインバー

〜間食〜

おにぎり1個

サラダチキン

〜夕食〜

鶏胸肉400g

白ごはん大盛り

ブロッコリー

納豆

〜就寝前〜

プロテイン

白ごはん等(空腹を満たすもの)

 

という感じです。

朝起きてすぐのグルタミンというのは空腹による筋肉の分解を抑える役割があります。

特に寝ているときは最も空腹の時間が長いので、できるだけ早く分解を止める必要があります。

そのほかはタンパク質と糖質を意識して摂取している感じです。

基本的に食事と食事の間を3時間以上空けないように意識しています。

ネットで調べたりして可能な限り真似しているだけなので、これが正しいやり方かはわかりません。

しかし、確実に結果が出たという根拠はあります。

体重で言えば10キロほど増量することができましたし、確実に筋肉量も増えました。

試してみる価値は十分にあると思いますのでぜひやってみてほしいと思います。

まとめ

 今回は筋トレをしている人の食事について書きました。

筋トレさえしていれば筋肉はつくと思っている人が意外と多いのですが、食事はトレーニングと同じぐらい大事です。

筋トレ、食事、睡眠、この3つはどれかが特化して重要ということはなく、3つをバランスよく実践することで正しい結果を得ることができます。

 

今後、睡眠についても書こうと考えていますのでぜひ読んでほしいと思います。

 

以上です!