非日常ブログ

〜日常では味わえない体験を〜

【コミュ障】美容室が苦手な人の対策を教える

私は美容室が苦手です。

もしかしたら同じような悩みを持っているという人は多いのではないでしょうか?

 

今日はそんな悩みを解決するために記事を書くことにしました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

本記事を読むメリット

  • 美容室が苦じゃなくなる
  • メンタルが強くなる
  • 苦手を克服できる

 

目次です

美容室が苦手な人のための対策

まずはじめに、美容室がなぜ苦手なのかを考えた上で対策する必要があります。

美容室が苦手な理由としては以下のような感じだと思います。

  1. おしゃれな雰囲気が苦手
  2. 美容師との会話が苦手
  3. ほかのお客さんがみんなおしゃれ
  4. 女性ばっかりで苦手
  5. どんな髪型にしたらいいかわからない
  6. めんどくさい

こんな感じでしょうか?

私も苦手だったので気持ちはわかりますが、この記事に書いてあることを理解するだけである程度克服可能です。

勉強する感覚で読んでください。

 

苦手な理由がわかったところで、対策を書いていきたいと思います。

美容師は客に興味ない

そもそもはこれです。

美容師さんはあなたが思っている以上にあなたのことなんて興味ありません。

なので、「変な髪型だと思われたらどうしよう」だとか無駄に悩む意味はありません。

1日に何人ものお客さんを相手にしている美容師さんはそんな暇ではないので、そんなことで悩んでたら馬鹿らしいです。

さっさと髪を切りにいきましょう。

無理に喋る必要はない

美容室にいくと美容師さんと会話をしなければならないから面倒だ。などと考えている人は正直古いです。今どきの美容師さんたちは喋りたがらないお客さん相手に必要以上に会話をしようとはしません。お客さんに合わせた会話をするので喋らないのであればそれほど話しかけられることもありません。

会話をしなければならないなんてことはないので心配無用です。

みんな同じ気持ち

美容室が苦手だという人は意外と多いのであなただけではありません。

みんななんだかんだでおしゃれな雰囲気に慣れてなかったりすると苦手意識を持ってしまいます。

そんな中でも頑張って髪を切りに行っているのであなたも頑張りましょう。

変に思われたらとか考えるのでしょうが、美容室に行きたくないがためにセルフカットをしたりするほうがよっぽど変なのでちゃんとした美容室で髪を切りましょう。

苦手だと思うと余計にぎこちなくなる

苦手意識が強くなると、挙動に現れるので余計に空回りします。

苦手だろうが何だろうが堂々と美容室に入って偉そうに髪を切ってもらいましょう。

切ってもらう側なので偉そうで構いません。

迷惑をかけない程度にどっしり構えて座っておけば勝手に切ってくれるので楽勝です。

苦手だと思うことがそもそもの間違いです。

結論、気にするな

要するに何を言いたいのかというと、誰も見てないから気にするなということです。

いちいち気にしてたら生きづらいので何も気にせず生きていきましょう。

まとめ

美容室が苦手な人に向けてのメッセージを書きました。

私も正直苦手だったのですが、今はどうでもいいです。美容師さんなんてどうせ髪を切るときだけの関係なので全くもって気にする必要はありません。

なんでもそうですが、自分以外を気にすることは何の意味もありません。

周りに流されず自分だけに従いましょう。

 

私からのメッセージは以上です。