非日常ブログ

〜日常では味わえない体験を〜

元自衛官が教える新人自衛官の休日【割と自由です】

f:id:daraketa:20190406165613j:plain


 

みなさんこんにちは!ろろと申します。

 

今回は私の自衛官時代の経験をもとに、新人自衛官の休日に関する記事を書いてみることにしました。

自衛隊というのはみんな知っているようでその実情は知らないことばかりだと思います。そんな自衛隊のリアルを赤裸々に語って行こうと思います。

 

まずはじめに、私の経歴を簡単に紹介します。

私は高校卒業と同時に自衛隊に入隊し、約2年間自衛官として働きました。

自衛隊にも色々な入り方があるのですが私が入った方法は最も一般的な「自衛官候補生」と呼ばれるものになります。

自衛官候補生には任期があり、1任期約2年間を経て退職しました。

 

www.daraketa.com

 実際に退職した人の話を聞く機会というのはなかなかないので、この記事を見るメリットはあるかと思います。

 

今後も自衛隊についての様々な情報を書いていく予定なのでぜひご覧ください。

今回は『新人自衛官の休日』です。

 

目次

 新人自衛官の休日って何してるの?

新人自衛官の休日ということで今から書いていきたいと思います。

結論から言うと割と自由に過ごせます。というのも、自衛官の休日は土日でして金曜日の夜から駐屯地外への外出が許可されます。駐屯地の外に出てしまえば基本的には何をしてもいいので自由というわけです。

 

では実際に何をするかというと、金曜日の夜はほとんどが同期や先輩と飲みに出ます。例外もあるとは思いますが、私がいた部隊では8割ぐらいは飲みに出ていたかと思います。平日のうちに溜まったストレスを発散しにいくのですね。

で、その日は夜遅くか人によっては朝まで飲んで終わりです。

土日は人それぞれ違うかなーという感じなのですが、新人自衛官には色々と事情があるのでそのあたりをご紹介します。

 

先輩自衛官からのお誘いはあるの?

これ結構聞かれます。

自衛隊と聞くと体育会系なイメージが強いと思うので、先輩からの飲みの誘いは断れない雰囲気だと思われています。

 

答えは「人によります」

 

意外と先輩から誘ってくるということはなく、先輩は先輩同士で飲みに出かけたりすることが多いように感じました。強引な誘いというものは一切なく、むしろこちらから誘っていくことがあったぐらいです。

 

日々一緒に生活する先輩方なので勝手に仲良くなれます。

この辺りは心配ないかと思います。

週末清掃って何?

新人自衛官にとって厄介なのが週末清掃と呼ばれるものです。

読んで字のごとく、週末にしなければならない清掃のことで普段の掃除よりも時間をかけてやる大掃除のようなものです。

この週末清掃のために新人自衛官は休みでも駐屯地に帰り、掃除をしなければなりません。私がいた時はこの週末清掃で同期と揉めたりすることが何度かあったことが印象に残っています。

ただ、この週末清掃も最初の1年だけなので後輩ができるまでの我慢ですね。

1年目の宿命とも言えます。

待機

これが新人自衛官最大の壁です。

壁というか厄介なものですね。

待機とは決められた人数は駐屯地内に残らなければならないというものです。

留守番みたいなものですね。

この待機に指定されるのが新人自衛官です。

待機に指定されると土日の外出はできません。また、急遽の仕事を手伝わされたりするなど面倒くさい時もあります。

何もなければ駐屯地内で運動したり1日中寝ることもできるのですが、やはり外出できないというのはストレスが溜まるので結構辛いです。

 

この待機をめぐっても同期と揉めることが多々ありました。

今となってはいい思い出ですね。

まとめ

新人自衛官の休日について書きました。

休日は比較的自由に過ごすことができますが、ちょっと面倒なこともあるというのがまとめですね。

まあそれも新人のうちだけなので我慢するしかないといったところでしょう。

自衛官は2年目から最強になります。

一気に楽になるので、現在新人自衛官の人やこれから自衛官になろうと考えている人は頭に入れておくと頑張れるかと思います。

 

以上です。