非日常ブログ

〜日常では味わえない体験を〜

【恋愛】好きな子に告白するまでの最適なデートプラン【彼女が欲しい】

 

f:id:daraketa:20190409120230j:plain


みなさんこんにちは!ろろです!

先日こんなツイートをしました。

今日は上記のツイートを深掘りし、さらに詳しく解説します。

 

気になる女性をせっかくデートに誘えたにも関わらず、うまく流れが掴めないために告白までに至らなかったと言うケースがよくあります。

その原因は告白までのデートプランにあります。

デートに誘う前の段階からデート当日→告白までのプランを考えていきましょう。

 

本記事を読むメリット 

  • 適切なデート、NGデートがわかる
  • 告白までのスムーズな流れがわかる

 

目次です

 好きな子に告白するまでの最適なデートプラン

今から告白までのデートプランを書いていきます。

告白は一般的に3回目のデートがベストだと言われています。

ツイートでは1回目のデートでもOKだと言いましたが、今回は3回目のデートで告白することを前提にプランを考えてありますのでそのつもりで見ていただけると参考になるかと思います。

ではさっそく1回目、2回目、3回目というふうにデートプランを提案していきます。

1回目のデート(食事デート編)

まずは1回目のデートです。

相手との出会い方にもよるところがありますが基本的には食事デートが無難です。

時間帯は昼でも夜でも構いませんが夜の食事デートに誘う場合は飲み前提で誘わないようにしましょう。「飲みに行こうよ」では下心が見え見えです。あくまでも食事に誘うようにしましょう。

デート当日は食事のみでOKです。

食事をしながらお互いの話をして仲を深めましょう。

この時に、行きたい場所ややってみたいことなどを聞いておき、次のデートの約束まで取り付けましょう。ここまでできれば1回目のデートは成功と言えます。

会話のコツは以下の記事を参考にしてみてください。

www.daraketa.com

2回目のデート(半日ショッピングデート編)

 次は2回目のデートです。

2回目のデートでは1回目のデートで教えてもらった行きたいところややりたいことを参考に決めます。ただし、半日程度でできるようなプランが理想です。というのも2回目のデートぐらいではまだまだ1日一緒にいるのは疲れてしまう可能性があるので、疲れる前に切り上げてしまいましょう。

というわけでショッピングデートなどが理想でしょう。

映画館という選択肢もありますが、映画デートはあまりおすすめできません。(理由は下で解説してあります。)

ショッピングデート、または近場のデートスポットぐらいが良さそうです。

2回目のデートでのポイントは若干の好意をちらつかせることです。

あからさまなのは気持ち悪いと思われてしまいますが、「あれ?私に気があるのかな?」と思わせることができたら勝ちです。そもそも、2回目のデートに応じてくれている時点で悪くは思われていないので頑張り次第では確実にうまくいきます。

以下の記事も参考にしてみてください。

www.daraketa.com

3回目のデート(1日遠出デート告白編)

 3回目のデートはいよいよ告白です。

デートの内容は少し遠くの観光地などでOKです。

午前中から出発して1時間〜2時間ほどかけて観光地を目指します。

車の中という密室空間で長時間過ごすことで親密度も高まりますが、退屈させない工夫も必要になってきます。途中、景色が綺麗なところで休憩を挟んだり音楽をかけたりなどして楽しませるように努力しましょう。

観光地についたら、お昼ごはんを食べたり観光名所を回りながら写真を撮るなどして楽しみましょう。ここでの過ごし方はとにかく楽しむことが大切です。

 

そして帰り道。

3回目のデートということで仲もだいぶ深まっていることと思います。

仲良くなりすぎて友達のようにならないように注意が必要なときでもあるので、一定の距離感を保ちましょう。帰りの車内でたまに沈黙を入れてみるのも効果的です。

帰る時間帯は夕方から夜にかけてが理想です。

薄暗くなってきたところから帰り始めて、途中で暗くなります。

ここでまっすぐ帰るのではなく、夜景が綺麗なところを事前にリサーチしておきましょう。

王道ですが告白場所は夜景が綺麗なところです。

夜景を見に行こうと言われた時点で相手も察してドキドキし始めます。

この雰囲気こそが成功の鍵です。

夜景が綺麗な場所に着いたら、車から降りた瞬間に手を取りましょう。この時点で拒否されることはほぼありません。そして、手を繋ぐことができたら告白が成功する確率は90%以上です。

あとは夜景を見ながら告白するだけです。

告白するときもテンプレがあります。

  1. 今日のデートの感想
  2. 第一印象
  3. 出会ってから今日までの感情の変化
  4. 今の気持ち

この順番で話していくだけです。

1、2、3は夜景を見ながらで構いませんが、4の段階では相手の目を見て伝えましょう。相手が顔を背けたりうつむいたりしたら成功です。笑

 

ここまでが告白の流れです。

ちなみに断られるときは相手もバッチリ目を合わせて「ごめん」と言ってくるので、顔を背ける気配もなく目もしっかり合っていたら覚悟しましょう。笑

 

NGデート

ここまでは最適なデートプランについて書きましたが、ここからはNGデートについて書いていきます。

ここで書くNGデートとは、初対面や付き合う前の段階でのNGデートを紹介します。

絶対NGというわけではありませんがあまりおすすめはできないので、その理由を解説していきます。

映画デート

すでに少しだけ触れましたが、映画デートはおすすめできません。

というのも映画は2時間ほどあると思いますが、初対面やあまり仲が深まっていない段階でのデートとしては会話ができない時間が長すぎるのです。

まずは会話をたくさんすることが仲を深めるために重要になってくるので、できるだけ会話ができるようなデートを考え、会話できない映画デートは避けましょう。

カラオケデート

カラオケデートもかなりのNGです。

お互いがよっぽどカラオケ好きであれば問題ないかもしれませんが、まだお互いのことをあまり知らない状態での密室空間は落ち着きません。また、映画デートと同じで会話ができません。どうしてもカラオケに行きたいのであれば付き合い始めてから誘ってみるといいと思います。

自分の趣味に合わせたデート

なんとなくわかると思いますが自分の趣味に合わせたデートもNGです。

共通の趣味であればOKですが、自分のことを知ってもらいたいからといって自分の趣味を一緒に楽しもうなどという考えはやめましょう。まだ付き合ってもないし好きにもなってない状態の相手からすると、あなたの趣味になど全く興味ありません。

相手は行きたいところ、やりたいことに目を向けましょう。

 

飲みデートは微妙??

初対面や付き合う前の段階での飲みデートはメリットもデメリットもあります。

相手のことを見極めて誘う必要がありそうです。

メリットはお酒が入ることによりお互い話しやすくなることです。

酔ってないつもりでも話す量が増えたり、テンションが高くなったりするものなので親密になりやすいのは間違いないです。また、お酒の力を使うことによって、その日にお付き合いに発展することもあります。あまりおすすめできる方法ではありませんが、お互い大人であればそういう始まり方も問題ないかと私は思います。

 

一方デメリットもあります。

それは相手の女性次第では嫌な顔をされることがあるということです。

初対面で飲みに誘うという行為には若干の下心が見え隠れします。

男性側にそんな気がなくても、警戒心の強い女性であればそこは確実に警戒します。

なので、お酒を飲むかどうかの提案は女性側に任せるのが良いでしょう。もし飲まないということを一度でも伝えられたのであれば、お酒は我慢して普通の食事デートに誘いましょう。

 

まとめ

デートに関する記事を書いてみました。

彼女を作るには見た目ももちろん大事ですが、デートによってどう自分を表現するかが大事です。

見た目はあくまでも第一印象でのみ必要になってくる要素で、1回目のデートに誘えた時点でクリアしていると思ってもらってOKです。そこからデートを重ねていく上で、自分の良さを見せつつ相手を楽しませること、また、一緒にいると落ち着くと思わせることが重要です。見た目ばかりを磨くのではなく、そのあたりのノウハウのきちんと身につけましょう。

 

最後に、本記事の内容はあくまでもテンプレになるので必ずしも3回目のデートで告白しなければならないというわけではありません。

極端な話、1回目で告白しても成功することはありますし5回目までデートを重ねてもいいと思います。ただ、さすがにあまり遅すぎると友達関係ができあがってしまうので多くても5回目までかなと思います。

 

以上、好きな子に告白するまでの最適なデートプランでした。

みなさんの健闘を祈ります。