非日常ブログ

〜日常では味わえない体験を〜

【恋愛】好きだけど付き合えないと言う男の心理【曖昧な関係】

 

f:id:daraketa:20190410133036j:plain


みなさんこんにちは!ろろです!

先日こんなツイートをしました。

上記のツイートを深掘りします。

 

男女ともに、好きだけど付き合えないというパターンの恋愛が存在します。

この記事では男性側の心理について解説していきたいと思います。

興味がない男性諸君はこっちの記事をどうぞ!

 

www.daraketa.com

 

本記事を読むメリット

  • 好きだけど付き合えないと言う男性の心理がわかる
  • 好きだけど付き合えないと言われた場合の対処法がわかる

 

目次です

 好きだけど付き合えないと言う男の心理

ある程度恋愛経験が豊富な人であれば経験があるかもしれません。

世の中には好きだけど付き合えないと言う恋愛のパターンがあります。こういった人たちはそれぞれに考えがあってそういうことをしています。

私自身も同じようなことを言ったことがあります。

この記事では私を含め、その人たちの心理を探っていきたいと思います。

「好きだけど付き合えない」なんで??

「好きだけど付き合えない」そう言われた女性は一定数いると思います。

言われたときどうでしたか?

「なんで??」「どうして??」意味がわからないし辛いですよね。

そんな女性たちのために、今回は私自身の経験も踏まえて、男性側の心理をお教えします。

 

「好きだけど付き合えない」という男性の心理には、基本的に周りの環境と本人の都合が関係しています。例外として秘密があるパターンがありますので、最後に解説します。

1つずつ例を挙げて紹介していきます。

職場環境が関係している場合

仕事が理由となる場合が最も多いかと思います。

例えば、仕事が激務で恋愛をしている暇がなかったり、仮に付き合ったとしても寂しい思いをさせてしまうと考える優しい男性だとありがちの理由です。女性の場合は仕事が忙しくてきつい時こそ、彼氏などから癒されたいと考えると思います。しかし男性の場合は仕事で疲れている時は1人でゆっくりしたいと考える人が多いです。

この考え方の違いにより男性を不思議に思ってしまうのだと思います。

 

また、職場内での恋愛という場合でも「付き合えない」ということが起こり得ます。

理由は簡単で、職場内での恋愛はリスクが伴います。結婚する気で交際するなど、それなりの覚悟必要になります。

現実は厳しい部分が多いですね。

 

本人の都合が悪い場合

仕事以外での主な理由としては、本人の都合が悪い場合があります。

恋愛に対するトラウマがあったり、相手の女性と付き合うことで問題があるなど人それぞれ違います。付き合うことで問題があるパターンとしては、年齢が関係していたり、元カノの友達という理由などがあります。

多くの男性は気にする必要がないことでも気にしてしまうので、こういったことが起こってしますということを知ってほしいと思います。

時には女性よりも繊細というわけですね。

 

今の関係を壊したくないという理由もあります。

もともと友人関係だった男女に多いのですが、付き合うことによって友情から恋愛感情に変わります。永遠に続く保証があればそれでもいいかもしれませんが、男性は関係が終わった時のことを恐れます。

そうなるぐらいなら、今のままがいいという理由から「好きだけど付き合わない」という選択をする男性がいます。

男は弱い生き物なのです。

秘密がある場合

もうなんとなくお分かりかと思いますが、これは他に彼女がいたり既婚者であるパターンです。

ただ遊びたいだけなので当然付き合うまでに至ることはありません。

ただし、このパターンの男性に対して多くの女性が勘違いしていることがあります。

それは「本当に好き」ということです。

女性と違って男性は、1度に複数の女性を好きになることができます。

これは男女の本能の違いなので永遠に分かり合えないと思いますが事実です。

 

なので、愛されてないわけではありません。

罪悪感を感じながらも愛しているからこそだということを知ってください。

 

ですが、いけないことなのでできるだけしないことをおすすめします。

まとめ 

「好きだけど付き合えない」という男性の心理について書きました。

多くの女性が体験したことがあるであろう曖昧な関係ですが、そこには男性なりの理由があるということを知っていただけたかと思います。

 

中には最低だと言われても仕方ないような理由もありますが、愛情ほど厄介な感情はないので、なんとも言えないでしょう。

 

男も女もいろんな感情があるということをお互いに知っておくことが大切ですね。

 

以上です。