ライフハックブログ

〜日常では味わえない体験を〜

「平成最後」はもう飽きた!?うんざりする人が続出!

 

f:id:daraketa:20190317102934j:plain

みなさんこんにちは!ろろです!

 

平成も終わりが近づいていますが、この1年間でよく見るワードがありましたね。

そうです、「平成最後」というワードです。

 

www.daraketa.com

 

「平成最後の夏」から流行り出して、この1年間でたくさんの「平成最後」が生まれました。

 

しかし、この「平成最後」というワードに対して、不快感を示している人が大勢いるみたいです。

 

「飽きた」、「しつこい」などの声が多数上がっていて、一部の盛り上がりは比例してすっかり疲弊してしまっているようです。

 

この記事では「平成最後」というワードに着目するとともに、なぜ多くの人が不快感を示しているのかを書いていきたいとおもいます。

 

「平成最後」はもう飽きた!平成最後使い過ぎ問題

はい!すでに書いたとおり!

〈平成最後使い過ぎ問題〉ということで不快感を示している人たちの意見を調査してみたいと思います。

 

私がざっと見た感じでは以下のような声が上がっていました。

  • 飽きた
  • しつこい
  • 使い過ぎ
  • ださい
  • どうでもいい
  • 興味ない

まあなんというかネガティブな意見ばかりですね!笑

 

背景には流行のきっかけとなった「平成最後の夏」が関係していると思われます。

 

「平成最後の夏」とは、昨年の夏頃からインスタグラムのハッシュタグを中心に強烈なバズを引き起こしたパワーワードです。

おしゃれな若者たちが好んで使う一方で、ことあるごとに多用される「平成最後の夏」に対してモヤモヤしている人も見られました。

ここまではまだ許せる範囲ではあったという人たちも、この後から次々に出てくる「平成最後の〇〇」にうんざりしてしまったのが原因のようです。

 

年末年始によく見かける「今年最後の」とは違って、1年前から続いていることも世間が飽きてしまった理由だと考えられます。

 

気持ちはわかりますが少々使い過ぎたと言えますね。

 

そして、平成最後の日まで10日を切りました。

今週1週間は出来事のほとんどが「平成最後」と言われることでしょう。

 

はっきり言ってうざいですが、もう止めることはできません。

 

カウントダウンは始まっているのです。

 

www.daraketa.com

 

「平成最後」が終わっても、次は「令和最初」、または「令和初」というワードで埋め尽くされることが予想できます。

 

当分の間はうんざりしっぱなしになるので耐え忍ぶしかないでしょうね。

 

まとめ

「平成最後」というパワーワードについて書きました。

不快感を示す声が相次ぐ中で、改元までの残り数日間はラッシュが続くこと間違いなしです。

 

そして改元後も令和ラッシュになります。

覚悟と我慢の準備をしておきましょう。

 

以上です。