ライフハックブログ

〜日常では味わえない体験を〜

仕事でミスをした時の対処法

みなさんこんにちは!ろろです!

 

仕事をしていると誰でもミスをすることがあるかと思います。

ミスをすると上司からの叱責もあるでしょうし落ち込むことでしょう。

 

ですがミスをすることは悪いことではありません。

大事なのは同じミスを繰り返さないこと。

 

今日はミスをした時のどのような考え方をするべきか、また、上司に対する適切な態度についても解説していきます。

 

目次です。

やってしまったことは仕方ない、次に活かそう!

まず最初に、ミスをしたことを引きずっていても意味はありません。やってしまったことを取り返すことはできないのでミスをした自分を認めて同じミスをしないための対策をしましょう。

具体的にはどうすればいいのでしょうか。

大事なのはミスをした原因を考えること、そしてそれをメモに残すといいでしょう。

ミスの原因には様々なことが考えられます。

  • 仕事を引き受けすぎた
  • 夜更かしをしたせいで集中力が落ちていた
  • わからないまま仕事をした

など、他にもあるでしょう。

こういった原因を明確にしてメモに残しておけば同じことを繰り返すことはないでしょう。

また、わからなかった場合は調べるなり上司に相談するなりして理解した上でメモに残しましょう。

そのままにしておくと間違いなく同じミスをします。

上司に対してはまず謝罪、今後どうするかを意思表示する

ミスをしたことに対して上司から何らかの叱責があるかもしれません。それは仕方がないことなので我慢しましょう。

その時に大事なのは必要以上に落ち込まないこと、ふてくされないこと、謝罪だけで終わらないことです。

とは言っても最初にすべきことは心からの謝罪です。その後にミスをしないために今後心がけることを上司に宣言しましょう。

そうすることで上司からの叱責は終了し、積極性も見せることができるので大きなメリットになります。

結果よりも過程が大事、ミスを恐れないこと

仕事をする上で大事なのは結果よりも過程です。ある程度の経験を重ねているのであれば結果を求められるかと思いますが、若手のうちは色んな失敗をしても全然OKです。

結果がどうであれ取り組んだ過程が成長させてくれるので、ミスをしたからといって怯まずにどんどん挑戦しましょう。

失敗を恐れるようになってしまっては成長速度が遅くなります。

まとめ

仕事でのミスはつきものです。

偉そうにしている上司だって多くのミスをしてきたからこそ偉そうに指導してくるのです。

誰にでもあること、そう考えればそれほど落ち込むことではないでしょう。

失敗を恐れず、成長の糧として頑張っていきましょう。

 

以上です。