ライフハックブログ

〜日常では味わえない体験を〜

相手を丸め込む心理学的話し方

みなさんこんにちは!ろろです!

 

今日は話し方について解説します。

 

仕事や恋愛の場で

自分の意見を通したい場面があるかと思います。

 

仕事の上では

営業やプレゼンであったり

 

恋愛の場では

自分の良いところをアピールする必要がありますよね?

 

そんな時

誰もが話す内容を工夫して考えようとします。

もちろん内容も大事な要素なのですが

もっと根本的な部分を改善することで

あなたの話に

より説得力が生まれます。

 

今回は

そんな状況で

相手を丸め込む話し方

これを紹介したいと思います。

 

目次です

【結論】相手を説得する時は早口で抑揚をつけて話す

最初に結論から話すんですけど

仕事での営業やプレゼンで話す場面では

早口で抑揚をつけて話すと説得力を与えることができます。

さらに言えばたたみかけるように話すと効果的です。

 

これにはどういう理由があるかというと

相手に考える隙を与えない

ということです。

 

営業やプレゼンでは

自分の考えを伝えることが最優先なので

相手に考える間を与えないような話し方をしましょう。

 

ここで注意することが1つだけあって

棒読みにならないことです。

 

早口というと

緊張して早口になってしまう人

を思い浮かべるかもしれませんが

それとは違い

イントネーション

抑揚のある話し方が重要です。

 

例えば

メンタリストのDaigoさんや

オリエンタルラジオの中田さん

この2人のYouTubeを見るとわかりやすいと思いますので

参考にしてみてください。

 

ちなみに

話すスピードは相手の年代に応じて

変える必要があります。

年齢によって話し方を変えると効果的

千葉大学で行われた研究なんですけど

4歳〜82歳の約3000人に

自分が3分だと思ったところでボタンを押してもらう

という実験をしたんですね

すると

年齢が高ければ高くなるほど

3分を過ぎた時間でボタンを押してしまう

という傾向が見られたそうです。

この実験の結果から

2歳〜4歳年齢が上がるごとに1秒長く感じ

70歳代では1割増しで長く感じる

ということがわかったそうです。

つまり

歳をとるほど感じる時間の経過は遅くなり

実際の時間の経過を早く感じる

ということです。

 

大人になると時間の流れが早く感じる理由も

これが原因です。

 

で、これを考えると

50代ぐらいの人に話す時は

20代の人に向けて話す時より

ゆっくり話した方が好印象

ということになります。

 

相手の年齢に合わせて臨機応変に変えましょう。

 

恋愛においては低い声でゆっくり話す

 ここまでは仕事で使える話し方

これを解説しました。

ここからは少し違う視点で

恋愛の場における話し方を紹介します

 

男性が女性と話すとき

低い声でゆっくり話す

と効果的です。

男性の低い声は

女性にとって男らしさを感じる部分であり

魅力的に響きます。

 

やや低音で語尾に力があり

はっきりものを言う態度が好印象です。

 

また、声の大きさも重要で

相手との距離を縮めたい時は

ささやき声を使うと親密度が増す

と言われています。

 

これは

アメリカのレーガン元大統領も

選挙の演説で実際にやっていた手法で

元々低い声であることに加え

ささやくような話し方で

親しみやすさを演出していました。

 

気になっている女性との距離を縮めたい時は

ぜひ意識してみてください。

まとめ

 最後にまとめます。

まず仕事の営業やプレゼンで有効な話し方

これについて話しました。

ポイントは

  • 早口で
  • 抑揚をつけて
  • たたみかけるように

でしたね。

 

次に

年齢によって話す速度を変えた方がいい

という話をしました。

歳をとるごとに感じる時間の経過は遅くなります

なので

50代の人に話す時は20代の人に話す時よりも

ゆっくり話した方が良い印象を与えることができる

ということですね

 

そして最後に恋愛の場での話し方を

解説しました。

男性が女性と話すとき

魅力的に感じる話し方がありました。

  • 低い声で
  • ゆっくり話す

それから

相手との距離を縮めたい場合に

ささやき声が有効である

という話をしました。

 

アメリカのレーガン元大統領もやっていた手法でしたね。

 

以上が今回の話になります。

話し方を極めると生活のいろんな場面で

力を発揮するので

何度も場数を踏みながら

身につけていって欲しいと思います。

 

以上です。